生協知っトクコラム

新日常のレシピ

季刊コラム「新日常のレシピ」の筆者は、フリーランスライターの青木理子さん。
世界中の国々や企業がSDGsを行動指針としている新しい時代の中で、青木さんが身近な視点で気になったこと、伝えたいことを綴ります。
更新は3か月ごと。どうぞお楽しみに!

著者プロフィール

青木理子(あおき・りこ)

熊本市出身。通信社に勤務し、神戸支局、大阪社会部、文化部などで事件事故や文化財、音楽などの記事を執筆。現在は契約記者。育児中。

青木理子

2023/01/10

第8号 反抗期 量販店の距離感で

 子どもが大きくなると、家の中が狭くなる。中学生と高校生がいるわが家では、棚からモノがはみ出し、常に床に何かが散乱している。ごくたまに断捨離に着手するが、どうしても捨てられない段ボール箱がある。  それは、娘たちが幼い頃 … 続きを読む 第8号 反抗期 量販店の距離感で

続きを読む

2022/10/01

第7号 ペット愛の行方

 LINEのアイコンがいつの間にか犬や猫になっている人がいることに、ある日ふと気付いた。コロナ禍となってから、ペットを飼い始めた知人たちだ。長く続く閉塞感の中で、生き物に癒されたい思いはとてもよく分かる。私自身、疲れた夜 … 続きを読む 第7号 ペット愛の行方

続きを読む

2022/07/01

第6号 話そう!更年期

 同年代(アラフィフ)の友人らと「これまでのコロナ生活で何がしんどかったか?」を語り合った時のこと。外食しにくかった、気晴らしできなかった…いろいろ挙がる中、1人が「人に会えない時期、めまいとか肩こりとか、病気とまではい … 続きを読む 第6号 話そう!更年期

続きを読む

2022/04/01

第5号 ザ・在宅健康管理術

 コロナの感染が拡大すると、在宅勤務の人が増える。受信メールに「在宅なので連絡はメールでお願いします」と書いてあると「おお、この人も家にいてはるんや」と、勝手に親近感を持つ(フリーなので、コロナ前から家で仕事をしています … 続きを読む 第5号 ザ・在宅健康管理術

続きを読む

2022/01/06

第4号 黙食はおいしい

 あけましておめでとうございます。いつも読んでいただきありがとうございます。2022年もどうぞよろしくお願いいたします。  さて現在(2021年12月)、国内のコロナ感染は抑えられ、レストランやカフェの前に行列する風景も … 続きを読む 第4号 黙食はおいしい

続きを読む

  • 創立50周年
  • おすすめ商品情報
  • 今月の斡旋商品
  • 還元セールのお知らせ
  • 即売会カレンダー
  • 知っトクコラム
  • ダイハツ労働組合

↑ページの上部へ